人とつながり人生を豊かにするホスピタリティという生き方。人生の価値は、社会や身の周りにどれだけ貢献したかで決まります。そのために、私たちは何をなすべきでしょうか?

アメリカで出会ったメンターがよく、
「毎日の生活を支えるものは、自らが得たものである。
長い人生を支えるものは、人に対して与えたものである」と言っていました。

これは、毎日の生活は自らが働いて得たお金や物で支えていますが、
長い人生は自分が周りの人に与えてきたもの、
すなわちその人の価値はどれだけほかの人に貢献できたかで決まるということです。

洋の東西を問わず、人間は人の役に立ち人のために何をし、
どれだけのことができるのかという価値観の下で生きています。
こうしたプロセスを経て、人は本物の人間になっていくのだと思います。

一所懸命生きていると、良い方向へ導いてくれる良き人との出会いがあります。
人生の「あみだくじ」に横棒が引かれていきます。
そうして段々と人から「ほっとかれない」人間になっていきます。

そのために、人は一所懸命仕事をし、生きていくのだと思います。

また、「すばらしい人財」で終わらずに、
「すばらしい人物」と評された人たちの生き様からは実に多くのことを学ぶことができます。

坂本竜馬や白洲次郎を「すばらしい人財」とは言いません。
人財は、ある組織やある分野において有用な能力や知識を持っている人です。

人物は、その人の人柄、生き様、人としての在り様すべてひっくるめ、
人間として高いレベルに達したと認められたとき、はじめて使われることばなのです。

そして、「ありがとう」とは、相手に投げかける言葉。
「ありがたみ」は我が身がありがたいと思い感じること。

人様から受けた親切や励ましに
「ありがたみ」を感じる根っこがしっかりしていれば、
自分のことも、他人のことも信じられるようになります。

「高野登 ~伝説の寺子屋~」では、

「生きる力」を100%発揮し、幸せを感じて生きていくために
必要な「感性の筋トレ」をしていきたいと考えています。

この講座の魅力「5つのポイント」(オススメする理由)

● ホスピタリティ精神を自在に発揮できるようになる
● 高い感性と想像力&創造力を鍛える
● 幸せに生きるための、心と感性の「筋トレ」ができる
● 人とつながり、人生を豊かにする知恵を得る
● 生きる価値を探求し、人間の重心を低くしていく

講師プロフィール

photo

高野 登 元ザ・リッツ・カールトン・ホテル日本支社 支社長

1953年、長野県戸隠生まれ。ホテルスクール卒業後、ニューヨークに渡りホテル業界に就職。82年NYプラザホテルに勤務後、LAボナベンチャー、SFフェアモントホテルなどでマネジメントを経験。90年にリッツ・カールトンでサンフランシスコをはじめ、マリナ・デル・レイ、ハンティントン、シドニーなどの開業をサポートし、同時に日本支社を立ち上げる。

93年にホノルルオフィスを開設した後、翌94年、日本支社長として日本に戻る。リッツ・カールトンの日本における営業・マーケティング活動をしながら、97年にザ・リッツ・カールトン大阪、2007年にザ・リッツ・カールトン東京の開業をサポートする。2009年9月に退社。2010年人とホスピタリティ研究所を設立し、日本各地で人財・地域づくりのサポートに尽力している。

『リッツ・カールトンが大切にする サービスを超える瞬間』かんき出版
ほか、著書多数。

こんな方にお薦めします(対象者)

そもそも、寺子屋とは・・・
寺子屋とは、武士の子弟が中心であった寺院の教育に対し、庶民を対象にした、
「読・書・算盤」を中心に、生活に必要な知識を身につけさせる民間の教育機関でした。

手習いの内容は、日常の躾、礼儀作法、教訓に至り、
子ども達の人格形成の根幹を支えていた修身教育にもなっていたようです。
明治以降の教育が、ある種「立身出世」を目指して画一的になっていくことと比較すると、
寺子屋の目的は、社会の役に立つ大人を作り出す事だったように思うのです。

寺子屋で、教えていた人たちも、
多くは雑業、農民、商人などの江戸の町人で女性も多くあたっとのこと。
また、当時の寺子屋の師匠は、子どもたちにとって一生の師であったようです。

高野さんとの「寺子屋」が、多くの人にとって身近だけれども、
むしろ生きる上で最重要なことを、一緒に学べる場になればと考えています。

人との比較に疲れてしまった、生きる上での指針が分からなくなった、
本当に大切な人を大切にできていない気がする、
幸せを感じる感性を鍛えたい、
学校や会社以外の学びの仲間が欲しい、
などなど多くの方に、この講座をお勧めします。

講座スケジュールと詳細内容

第1回:2013年09月18日(水)

「人とつながり、人生を豊かにするホスピタリティという生き方 ほか」

第2回:2013年12月11日(水)

「人財から人物へ変わるための、与えるメンタリティ ほか」

第3回:2014年03月12日(水)

「幸せに生きるための心と感性の「筋トレ」法 ほか」

第4回:2014年06月11日(水)

「人生で何をすべきか?について考える ほか」

つるちゃんから講座の魅力と講師の紹介

大好きな高野さんと
「伝説の寺小屋」を開催することが出来ること、本当に嬉しく思っています。
ホテルで働いたこともない私が、ある日突然ホテル経営に。
全く非常識な私を、いつも影に日向に応援下さっています。
本当に感謝しかありません。

高野さんの講座は、ホテルスタッフの教育を始めとして、何度も同席していますが、
本当に感動するエピソードをたくさんお持ちなので、
どんなお話が玉手箱から飛び出すのか、いつもワクワクしています。

とても粒子の細かい言葉とエネルギーをお持ちなので、老若男女どなたが聞いても、
それぞれの立場で、それぞれに深い学びが得られると確信しています。

まさに、幸せを創りだす事を研究する『レジェンド・アカデミア』に相応しい
この連続講座に、ぜひ参画下さいませ。

日程

第1回 : 2013年 9月18日(水)18:30 ~ 20:30
第2回 : 2013年 12月11日(水)18:30 ~ 20:30
第3回 : 2014年 3月12日(水)18:30 ~ 20:30
第4回 : 2014年 6月11日(水)18:30 ~ 20:30

会場

都内某所

入会金

10万円

レジェンド・アカデミアへの入会時に必要です。(永久会員)
アカデミア生だけの「特別講座」へのご招待や、
「サロン」「オープン講座」などで優待などが受けられます。
※ 「伝説の8日間講座OB・OG」「レジェンド株主」不要

受講料

4回参加:10万円【早割】8万円(6月末振込)

※ 単発参加:1回 / 3万円(既に入会済みの方のみ)

定員

30

レジェンド・アカデミアHomeに戻る